彗星マジック25景

新2nd柿落しシリーズ 参加作品

「ラルカノウッド」

劇場公演 ※終了いたしました。

2021年10月15日(金)~10月17日(日)

 配信  

2021年10月17日(日)~10月31日(日)

生配信&アーカイブ配信

※劇場チケットと配信チケットは取扱いサイトが異なりますので、お確かめの上ご予約をお願いいたします。

劇場公演が終了いたしました。

配信公演は10/31(日)までお楽しみいただけます!

 配信公演 

日時

 アーカイブ配信 

2021年

 

10/31(日)15:00まで 千秋楽のステージをアーカイブ配信

(チケットご購入は13:00まで)

チケット

 配信 

観劇三昧LIVE

 

チケット料金:3,000円

(期間中何度でもお楽しみいただけます)

・10/31(日)13:00までご購入可能です。 ※変更いたしました。

 

劇場公演※終了いたしました。ご来場誠にありがとうございます。

 

2021年 

10/15(金)19:00(受付開始18:15、開場18:30)

10/16(土)14:00(受付開始13:15、開場13:30)

10/16(土)18:00(受付開始17:15、開場17:30)

10/17(日)11:00(受付開始10:15、開場10:30)

10/17(日)15:00(受付開始14:15、開場14:30)

 

▲ご来場の皆さまへお願い▲

【ご入場について】

・ご予約のお客さまは、受付にて清算時に座席をお選びいただき、順にご入場いただきます。

・開演後のご入場はおことわりする場合がございます。

・未就学児童のご入場はおことわりしております。

 

【当日券について】

・ご予約状況により、販売できない可能性もございます。

・ご予約のお客さま同様、受付にて清算時に座席をお選びいただけますが、状況により予めこちらで指定したお座席になる可能性もございます。

 

【感染症対策として】

・差し入れなどご贈答は、すべて辞退させていただきます。

・公演終了後の出演者やスタッフとのご面会は、どなた様もご遠慮させていただいております。

 

お気持ちは、後日公開するWEBアンケート等でお寄せいただけると幸いです。

ありがたく拝見させていただきます。

 

ご来場前には、インディペンデントシアターによる感染防止ガイドラインも合わせてご確認ください。

▶︎https://itheatre.jp/guide-aud.pdf

会場

劇場公演 

インディペンデントシアター2nd

〒556-0005  大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9-5

OsakaMetro堺筋線 恵美須町駅 1A出口 右手(北)7分

google map

 

・駐車スペースはございません。最寄りのコインパーキングをご利用ください。

・ご来場の際は、必ず劇場の感染防止ガイドラインをご確認下さい。

▶︎https://itheatre.jp/guide-aud.pdf

チケット

9/1(水)10:00 チケット販売開始

劇場公演 当日精算のみ・クレジットカード可

CoRich!チケット 

 

前売予約 3,000円

当日券  3,300円

学生   1,500円※前売・当日ともに同料金です。受付にて学生証のご提示をお願いします。

 

各ステージ開演時間の3時間前までご予約可能です。

 

予約ページが開かない場合はコチラhttps://ticket.corich.jp/apply/114104/からご予約をお願いします。

 

【当日券の販売】

感染防止策として客席数を限定しております。予約状況によっては当日券を販売できない可能性がございます。

 

【販売の終了・再開】

チケットの販売期間中であっても、販売予定枚数に達した時点で、個々の公演ごとに販売を終了いたします。

ただし、追加席・追加公演があった場合は、チケット販売を再開することがあります。

 

【新型コロナウイルス対策】

・公演当日、受付で検温を行います。37.5度以上の発熱がある方はご入場いただけません。

・新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と指定された方は、観劇をお断りいたします。

・新型コロナウイルス感染症対策の一環として、複数枚チケットを購入する場合も、必ず来場者全員の「氏名」「緊急連絡先」をお知らせ頂きます。

個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご確認ください。

・予約および購入時にお知らせいただいた「氏名」「緊急連絡先」について、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。予めご了承ください。

地図


彗星マジック

「空想にリアルを」を劇作テーマに掲げ、空想に現実としての「痛み」「喜び」を持たせた世界を創造する。2013年、アインシュタインの生涯を虚実ないまぜに描いた「アルバート、はなして」が演劇配信サービス「観劇三昧」の第一弾タイトルに選出。2015年、印象派の画家たちとフランスの偽史を編み込んだ作品「ポストグラフ」を発表、のちに全国ツアー作品として再演。2016年、米山が出演し勝山が脚本演出を務めた作品「シロとクロ」が一人芝居フェス「INDEPENDENT:3SS」全国ツアーに参加。2018年、勝山が脚本演出を務めた一人芝居「プシュケ」が海外の芸術祭「台北フリンジフェスティバル2018」(佳作受賞)、「メルボルンフリンジフェスティバル2019」に参加し、さらに「INDEPENDENT:4SS」全国ツアーに選出。2019年、新作「詩と再生」が「CoRich舞台芸術アワード!2019」にて7803本中の20位を獲得。2020年8月、「アルバート、はなして」再演、初代2ndクロージングシリーズに参加し、「CoRich舞台芸術アワード!2020」にて5276本中の11位に選出。大阪を拠点に活動の幅を拡げ続けている。